グルメ

知る人ぞ知る、SNSで話題のケーキ「KUMO(くも)」

2019年9月29日

知る人ぞ知る、SNSで話題のケーキ「KUMO(くも)」
今回やっと食べに行けたので実際のケーキの写真を含めご紹介いたします。

「KUMO(くも)」とは?


毎日行列ができる大人気のこのケーキは、日本橋にあるマンダリン オリエンタル 東京のエグゼクティブ ペストリー シェフであるステファン・トランシェ氏のシグネチャーケーキです。

ホワイトチョコレートでコーティングされた「KUMO」の中にはムースやクリームが入っています。
冬はチョコレート、夏はマンゴーフレーバーだったりと、季節ごとに中身のフレーバーが入れ替わる仕組み。
グルメショップがオープンする前からお客さんが列を作っていて、あっという間に売り切れてしまうほどの人気です。

何時から買える?


ザ マンダリン オリエンタル グルメショップは、平日は7:30~、土日も9:00~開店していますが
この「KUMO」のケーキは10:30~販売開始されます。
その為、販売開始前から行列に並ばなくてはいけません。

アクセス

Googleマップ https://goo.gl/maps/Q18NbEc1ymo8xKXr9


東京メトロ銀座線/半蔵門線「三越前」駅 A7出口を出てすぐ左手にあります
日本橋三井タワーに併設されています。

待機列はどこ?

グルメショップの入口横に、お店の壁に沿って並ぶことになります。

平日の木曜日10時に到着した時は20人弱でした。
10:30になったら店員さんからのアテンドがあり、先頭からずらずらと連なってレジへ向かいます。

「KUMO」食べました


レジでお会計を済ませたら、左側のカウンターでケーキを受け取ります。
店内は数席しかないので、外は嫌!って方は早めに並びましょう。
(KUMOの販売開始前にカフェを利用されている方もいますので、一番乗りでも店外で食べることになることがあります)

コーヒーやカフェラテ・お酒も数種あるのでケーキと一緒にお会計できます。
無料の水もありました(セルフサービス)

トランシェ氏の代名詞とも言えるシグネチャーケーキ「KUMO」


雲をかたどったかわいい見た目だけでなく、舌ざわりも雲のようにふわっと軽やかでした。
季節ごとに様々なフレーバーを展開しているKUMOですが、この季節は栗でした。

木のフォークとナイフでいただきます。
栗のムースとクリームに加え、刻んだ栗とビスケットが、薄くクリスピーなホワイトチョコレートに包まれています。


見た目とは裏腹にボリュームを感じたので、2人でシェアしてもいいかも。(生クリームが苦手な方も)

発売当初は限定10個でしたが、この日並んでいた方は全員食べられていたようなので、現在は30個弱は用意があるかと思います。

ケーキ以外にドーナツやパンもあります

その他オリジナルのジャムやクッキー等、お土産やプレゼントにもぴったりなお品も並べられていました。

気になる方は是非足を運んでみてください。

ショップ情報
【店舗】ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ
【住所】東京都中央区日本橋室町2-1-1
【営業時間】平日は7:30~20:00 、土日祝は9:00~19:00
【電話】03-3270-8159

-グルメ
-, ,

© 2020 tomalog