アプリ

【エニーフォント】iPadで好きなフォントを使用する方法

2020年4月21日

iPadで絵を描いたりデザインをしたりする方は、フォントを増やしたいと思っている方もいると思います。今回は簡単に、手早くフォントを追加できる「AnyFont」というアプリの使用方法を紹介します。

AnyFontとは?

iPad、iPhoneに好きなフォントを追加できるアプリです。

有料(240円)ですが、デザインワークをする方にとっては必要不可欠なアプリだと言えるでしょう。もちろん月額ではなく、最初に支払えばずっと使えるアプリです。

上記からダウンロードできます。

AnyFontをダウンロードしたら、実際にフォントをダウンロードしていきます。


好きなフォントを見つける

今回は「FONT FREE」という日本語フリーフォント投稿サイトで

「源暎アンチック」というフォントを例に紹介していきます。

全てiPadで操作します。

配布サイトでダウンロードをタップ

フォントによっては、商用OKなものや個人利用のみOKなど種類がありますので、きちんとご確認ください。


配布サイトでフォントをダウンロードする

FONT FREEにあるフォントは、投稿者のサイトでフォントを配布しているところがほとんどです。配布サイトに飛び、フォントをダウンロードしましょう。

今回はすぐダウンロード場所が見つかりました。サイトによっては一番下にスクロールしないと見つからない場合もありますので、探してみてください。


zipファイルを“AnyFont”で開く

AnyFontで開くを押すと、自動的にAnyFontのアプリが起動します。

ダウンロードされたフォントをタップ

フォントによっては2つ、3つ入っているものもあります。

今回は2つダウンロードされたので、1つずつiPadにインストールしていきます。

※2つ一気にインストールはできません。

どちらからインストールしてもOK。今回は上からインストールしていきます。

インストールボタンをタップ

ぐるぐるが消えるまで待ちましょう。

構成プロファイルをダウンロードする

許可を押しましょう
閉じるを押しましょう

ダウンロード済みプロファイルをインストールする

iPadの設定アプリを開き、「一般」→「プロファイル」をタップ

新しいフォントのプロファイルをタップ
インストールをタップ
次へをタップ
インストールをタップ
プロファイルの小窓が出てくるのでインストールをタップ

完了

構成プロファイルの中にインストールしたフォントが追加されていれば完了です。

お疲れ様でした。

参考になった方はSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ではまた。

-アプリ
-,

© 2020 tomalog