IT

【Zoff】ブルーライトカットメガネって実際どうなのか【レポ】

歳のせいか、最近PC作業をしてると目が疲れる…

と思ってブルーライトカットのメガネを買ってみました。

出社時はマスクが必須なのでくもったりするのがめんどくさくて付けてないのですが、リモートワーク中はマスクがいらないので仕事中はかけっぱで作業してます。

今回Zoffのブルーライトカットメガネを購入したので、どんな感じなのかご紹介します。

全てのフレームにブルーライトカットレンズを入れられる

Zoffでは全てのフレームにセットレンズ(ブルーライトカット約33%/約50%)​を入れることができるため、お好きなフレームで、自分だけのオリジナルのPCメガネ(ブルーライトカットメガネ)が作れます。

他、最初から「ブルーライトカットメガネ」として売られている商品『Zoff PC』があります。

フレームにそんなにこだわりがない方はWEBで購入すると安い「Zoff PC」がおすすめです。

購入した商品

私が購入したのはZoff PCのボストン型で50%カットの方です。

5,000円となっていますが、楽天市場で購入したので4,400円でした。

Zoff PC

Zoff PCでは35%カットの「REGULAR TYPE」と50%カットの「ULTRA TYPE」、またフレームは4種類用意しています。

価格

  • ¥5,500(税込) 
  • 一部WEB限定 ¥4,400(税込)
  • KIDS ¥3,300(税込)

35%カット「REGULAR TYPE」一覧

50%カット「ULTRA TYPE」一覧

レンズの色

35%と50%のレンズを実店舗で見比べましたが、すごく差があるわけではなかったです。

正直、家でしか使わない私はもっと色がついててもよかった。(カット率あげてほしかった)

ちなみに50%は↓こんな感じです。

こう見るとすごい黄色く見えますが、実際かけるとこんなに黄色くは感じませんでした。

違和感なく作業できますがデザイン系や「色」について細かくチェックが入るお仕事は向かないですね。

※ちなみにサムネイル・トップ画像に使っている画像はZoffPCではありません。

実際に使ってみた感想

私の仕事は普通の事務職なので、PCの色味が変わって見えてもなんの問題もありません。

このメガネを外したあと、PCの画面をみるとものすごく青白く・眩しく感じて「うわっ…😵」となってしまう。

普段メガネをかけないので、たまにかけることを忘れてしまうのだが(おいっ)

一度かけるとかけたことを忘れてしまうほど、軽いし違和感なく過ごしてしまうことも。

仕事が終わってお風呂に入るまで「あ、外すの忘れてたわ」っていうことがしょっちゅうありました。

あとやっぱりブルーライトカットメガネをかけた時のほうが目の疲れは軽減されるような気もします。

プラシーボかもだけど。

気持ち、大事!

-IT
-, , ,

© 2021 tmtmtlog