アプリ

【らくらじ】ラジオ番組をアプリに録音保存できる

2020年8月13日

ラジオアプリで有名な「radiko(ラジコ)」や「らじる らじる」では、過去1週間の番組を聴くことができる「タイムフリー」機能はありますが、アプリに録音保存できる機能がありません。

タイムフリー機能は1週間経つと聴けなくなってしまいます。

またスマホの画面録画機能を使おうとしても、こういうラジオアプリや動画配信アプリでは音声が収録できない仕様になっているため、保存できません。

↑こんな感じで警告が出ます

そこでアプリにラジオを保存して、好きな番組をいつでも聴けるようにしたいかたのためにオススメなアプリ【らくらじ】をご紹介します。

関連記事:ラジオ番組を画面録画(録音)できるアプリ2選

【らくらじ】とは

iOS、Androidどちらも使えるアプリですが、利用できるラジオサービスが違います。

Android:radiko.jp、らじる★らじる(NHKゴガク、聴き逃しサービス含む)、超!A&G+、OTTAVA、Shoutcast、Backstage Café、WREP、JCBAを含むコミュニティFM、渋谷クロスFM

iOS:radiko.jpのみ

上記の通りiOSではラジコで聴ける番組しか聴けない&録音できません。

アプリはこちら

らくらじ

らくらじ

Wity Ltd無料posted withアプリーチ

画面比較

こちらがiPhoneで見たときの画面です。

※普段からダークモードにしているので背景が黒いです。

ラジコで聴ける局だけなので、これだけになります。

こちらがAndroid機種で見たときの画面です。

上のタブにラジコ以外のサービスも表示されています。

視聴について

聴けるラジオサービスは違えど、配信中のラジオを聴いたりタイムフリー機能を使えるのはどちらも同じです。

iOS(iPhone)の方でも好きな局が入っていれば問題ないですね。

録音について

iOSの場合

録音はタイムフリー放送が公開されてから録音ができるようになります。

未来の放送予定の番組を選択しようとするとこのような表示が出ます。


そのため録音予約もできません

Androidの場合

タイムフリー放送公開後の過去番組、また放送予定の番組の予約録音どちらもできます。

Androidの方が便利ですね。


こちらは放送予定の番組をタップすると出てくる表示です。

「タイムフリー録音予約」と「録音予約」の違いについてはよく分かっていないので、検証後記載します。

デメリット:録音するには広告表示が終わるのを待たなければならない

よくある「広告を見終わらないとサービスが利用できない」仕様になっています。

残りの秒数が消えるまで待ち、❌をタップすれば録音できるようになります。

広告は18秒のときもあれば、30秒のときもあります。

広告が終わる前に❌を押そうとすると下記のような表示が出て、「スキップ」を押してしまうと録音できません。

録音したい場合は広告が終わるのを待ってくださいね。

再生するだけであれば、この広告は出てきません。

どちらもスマホの「画面録画」機能が使える

最初に記載した通り【らくらじ】では、iOS/Androidに搭載されている「画面録画」機能が使えます。

Androidについては機種によって搭載されていない場合があります。

らくらじアプリで録音した番組をスマホの画面録画機能を使って動画にしてしまうというやり方です。

スマホの端末自体に録音(録画)しておけば、いつでも好きな番組が聴けますよね。

※iPhoneをお使いの方はiOS 11以降にしないと画面収録機能が使えません。iOS 10以前の方はアップデートをしてください。

関連記事:ラジオ番組を画面録画(録音)できるアプリ2選

関連記事:iPhone/Androidの画面録画の使い方

ただ録音・録画したデータをSNS等にアップするのは違法になってしまうのでやめましょう。個人で楽しむ範囲で利用してくださいね。

参考になった方はSNSでシェアしていただけると嬉しいです。ではまた。

-アプリ
-

© 2020 tomalog